「こんな酷い◯◯な状況」を売上に変える方法

FROM

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺裕貴

 

こんにちは。

レイズワンの渡辺です。

 

いきなりですが、

業績が悪い会社の経営者さまほど

言い訳が多いです。

 

「忙しくて◯◯をやる時間がない」

「◯◯な事情があって、あーだこーだ・・・」

 

業績が良い会社の経営者さまからは

ほとんど聞いたことがありません。

 

私はここに事業の、会社の業績を大きく分ける

差があるのだと思います。

 

その顕著な例が

「こんな酷い◯◯な状況」

への対応力です。

 

正直、意味わかりませんよね?笑

分かりやすく説明するので

もうちょっと頑張ってくださいね。

 

2017年、今年は記録的な長雨ですよね?

せっかくの夏に雨が続くとどうなるでしょう?

そう、当然「夏」をアテにしたビジネスが大打撃を受けます。

 

海やプールに人は来ません・・・

扇風機やクーラーは売れません・・・

野菜も育たず価格は高騰します・・・

 

そんな状況ですから

全国の「夏」をアテにした経営者はこう言っています。

「こんな状況じゃあどうしようもない・・・」

 

さて、本当にそうでしょうか?

千葉県に成田ゆめ牧場という所があります。

ここも「屋外で動物に触れる」というコンセプトですから

長雨によって大ダメージを受けました。

 

しかし!

ここから発想の転換を行います。

なんと「その日の降水確率」に応じて

入場料の割引を始めたのです。

 

その日の降水確率が30%なら3割引、

もし100%なら入場料が無料なのです。

 

こういう事を言うと

「そんなに割引したらお金になりませんよ」

という自分で考える気の無い方がいますが、

とにかく多くのお客さんに来てもらえれば、

 

・他の商品を売るクロスセル

・高単価の商品を売るアップセル

で、売上げを作ることができるのです。

あとは工夫次第ですよね?

 

事実、

今回の長雨で行くアテの無い家族づれなどが

「降水確率割引」を目当てに足を運び、

成田ゆめ牧場はこんな状況にも関わらず

入場者数と売上げを伸ばしているのです。

 

なんとなく伝わりましたか?

 

・天候が悪いからダメだ

・お客さんが少ないからダメだ

・ライバルが多いからダメだ

・◯◯がXXだからダメだ

 

こういう事を言っているとキリがありません。

良い状況で勝てるのは当たり前だし、

悪い状況だからと言って諦めてるようじゃ

この先まで生きのこれるハズはありません。

 

台風が来てるならそれを逆手に

「こんな事が出来るんじゃないか?」

 

ライバルが多いなら

「こんな所で差をつけよう」

 

お客さんが少ないなら

「こんな事をすれば売上げが伸びるんじゃないか?」

 

状況を逆手にとって

『こんな◯◯な状況だからダメだ』ではなく

『こんな◯◯な状況だからこそ、こんなことが出来るんじゃないか?』

と発想を変えてみてください。

 

事業の、会社の業績伸ばす経営者さまは

やはりこういう所で差を付けてるんじゃないかなと思います。

 

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺裕貴

 

 

[月に1名限定]

集客・経営・創業の無料相談会

8月度 → 満員

9月度 → 1名

https://beast-ex.jp/fx4678/raise7

 

[集客・経営の活用情報満載]

起業家・経営者のお役立ちメルマガ

https://beast-ex.jp/fx4678/raise1

無料

 

[稼ぐ経営者の年商2倍計画]

集客広告実践会の案内を受け取る

https://beast-ex.jp/fx4678/raise8

Leave a comment

Your email address will not be published.


*