成功本を100冊読んでもアナタが成功できない理由

FROM 午後3時手前の事務所

経営者・起業家支援マーケター 渡辺裕貴

 

 

成功本って読んだことありますか?

「○千万稼ぐ」とか

「○億円稼ぐ」とか

「成功する」とか

ビジネス書の自己啓発コーナーに並んでるアレです。

 

IMG02229

 

今でいうと

「○億円稼ぐ人の思考法」とか

「なぜ一流の人は○○をするのか」とか

そんなのが流行ってますよね。

 

 

「起業したい」

という目標を掲げる人は

大体このルートを通ります。

 

 

「起業したい」とかウダウダ言わずに起業する人は

ほっといても勝手に起業するからです。

 

 

自然に起業する人は

「起業したい」と考えている訳じゃなく

そのほとんどが

「自分のやりたい目標」に向かって走ってたら

それが起業だった、というパターンです。

 

 

しかし、

「起業したい」という人は

具体的に「○○をしたい」というテーマがなく、

漠然と「起業したい」と考えているので

何から学んでいいか?

何から手をつけていいか?

それが分からずに、たまたま目の前に丁度現れた

「○○億円稼ぐ」とか

「起業して成功する」

などという成功本に手をつけるのです。

 

 

ハッキリ言っておきましょう。

” 成功本は100冊読んでも成功しません “

これは私の経験則です。

 

 

偉そうに語ってきましたが、

私も「起業したい」と夢を語り

起業に向かってもがいた一人です。

 

 

20代前半、会社で働くスタイルが嫌で

「自分一人で何かできないか?」

「自分でビジネスはできないか?」

と思って起業について学び始めました。

 

 

とは言っても、やはり具体的にやりたいことはなく

ただ漠然と「起業したい」と思っているだけなので

何から学んでいいか?

何から手をつけていいのかが全く分かりませんでした。

 

 

なので私もやっぱり

「○億円稼ぐ」

「起業して○千万稼ぐ」

「会社を辞めずに週末起業」

とかそんな本ばっかり読んでいました。

 

 

けど、そんな本は腐るほど読んできましたが

やっぱり起業の役には立ちませんでした。

そこから得られたのは、読んだ後に

「勉強したー」

「学んだー」

「これで一歩起業に近づいたー」

という満足感だけでした。

 

 

けど実際は起業には1歩も近づいてません。

10cmくらいは進んだかもしれませんが(笑)

 

 

誤解している人が多いと思いますが、

「○億円稼ぐ人」は、その思考法で○億円稼いだ訳ではありません。

○億円稼げるビジネスを行った結果、○億円稼いだのです。

” 本に書いてある思考法 ” で○億円稼いだ訳ではないのです。

 

 

けど、読者はその思考法を読めば

○億円が稼げる、○億円が降ってくるような錯覚に陥ります。

だから皆ついつい買ってしまうのです。

夢を求めて。

 

 

けど再々言いますが、

○億円稼ぐ人は、○億円稼ぐビジネスをしています。

起業で成功した人は、成功したビジネスをおこなったのです。

思考法(日々の習慣・考え方)だけで成功した訳ではないのです。

 

 

これを勘違いしてはいけません。

 

 

とは言っても、

成功本は全く役に立たないのか?

というとそうではありません。

 

 

成功した人の考え方には学びになる点が多くあるし、

ビジネス社会を生きて行く上で、良い習慣を与えてくれます。

複利効果は沢山あるのです。

(もちろん、それだけではお金は稼げませんが)

 

 

そしてもう一つは、

「自分のモチベーションが高まる」

ということです。

 

 

やはり、そういった成功談を聞いたり、学んだりすると

「ヨシ自分も!」

「俺(私)にも出来るかも」

というワクワクが湧いてきます。

これはいい効果だと思います。

これは脳内に、やる気物質のセロトニンが分泌するからです。

 

 

ただし、セロトニンの短い時間しか持ちません。

個人差がありますが数十分です。

「一年の計は元旦にあり」と言って目標を作って

「ヨッシャー!やるぞー」

って思ったのに、次の日にはやる気を失くしてるのはこの所為です。

なのでこれも使い方が重要です。

 

 

そういう理由もあって、

成功本は何百冊読んでも成功しないのです。

 

 

ちなみに私が起業に成功した一番の要因は、

” 興味のある分野の会社に勤めたこと “

だと思っています。

 

 

知っている会社が

たまたま私の得意な分野で新規事業を興すことになり、

私は引き抜かれました。

そして運営側の一角として事業に携わることにより、

自分の「○○がしたい」という想いが見えてきて

25歳の時に独立・起業を果たしたのです。

 

 

起業の種は

「好きなこと」

「得意なこと」

「興味のあること」

「貢献したいこと」

「コンプレックス」

の中にしかありません。

 

 

そのヒントは過去の体験の中に眠っているはずです。

 

 

その種さえ見つかれば、初めて起業への学びが始まります。

それは「商品づくり」「集客」です。

 

 

この2点さえ押さえれば起業はできます。

もちろん、永続的に生き残るためには

それ以外の ” 経営 ” の要素が必要になってきますけどね。

 

 

ということで、長くなりましたが

起業を目指している方は、成功本も程々に

「自分は何で起業したいのか?」

をじっくり考える時間を取ってみください。

 

 

それが見つかって

「起業について何から学んでいいか分からない」

方は・・・

下記を読んでみてください。

 

 

起業についてのお役立ちメール

定期発行(無料)



*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*