【開業相談】英会話教室、創業時の注意点・・・

FROM

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺 裕貴


 

お久しぶりです。

レイズワンの渡辺です。

 

先日、

「英会話教室を開きたい!」

という熱い情熱を持った経営者さまの

個別支援を実施しました。

 

今回相談に来られた経営者さまは

既に別の事業を成功させており、

新規事業の1つとして

英会話教室を検討されておりました。

 

ですので今回の開業に関する計画も

ご自身で既にしっかりと練られていて

★この計画に不備はないか?

★専門家から見てどうか?

★他にどんな事を準備すればいいか?

 

そういった内容の相談でした。

 

 

[1] 開業時の注意点

開業の際には準備することが

いくつかあります。

 

事業の規模や業種業態によって

必要な物が変わってきますが

 

★開業届けや登記について

★物件探し → 内装/外装

★融資の相談

★取引業者の準備

★電話やホームページの開設

★などなど

 

上記のような準備が必要になってきます。

 

細々したモノを入れればもっとありますが

大体こんなところでしょう。

 

ほとんどの経営者さまは

この辺はキッチリ準備していますので

正直どうでもいいです。

 

「どうでもいい」と言うと

語弊がありますが、

この辺はやって当たり前というか

「目に見えている準備」

なので誰でもちゃんとやるのです。

 

で!それよりも重要な

「目に見えない準備が」あります。

 

それは

「どうやってお客様をつれて来るのか?」

です。

 

もしこれが BtoBなら

新規の取引先や新しいクライアントを

どうやって獲得するのか?

ってことですね。

 

多くの経営者さまは

登記うんぬん、融資うんぬん、

商品うんぬんについては

抜かりなく準備しています。

 

けれど、

「どうやってお客様を集めるのか?」

「どうやって売上げを増やすのか?」

という点については

驚くほど手薄に開業準備を進めています。

 

前述しましたが、

登記だの融資だの商品だのは

やって当たり前だし、

後からなんとでもなります。

 

けれど目の前にお客様がいなければ

売上げは増えませんし、

売上げが増やせなければ資金が尽きるので

廃業の一途を辿るしかありません。

 

ですから

開業時の準備として1番重要なのは、

何を差し置いても

(1)どうやってお客様を集めるのか?

(2)どうやって売上げを増やすのか?

 

なのです。

 

 

[2] 売上げの計画に根拠はあるか?

独立開業を考えられてる方であれば

売上げについての計画を練られてる方もいます。

 

人生がかかってますから

当たり前ですね^^;

 

ただ、ここでご注意頂きたいのが

その数字に根拠はあるのか?

って事です。

 

開業相談に来られる方で

「◯◯のように施策を実施していけば

このような推移で業績が上がっていくと思います」

と持って来られる方は多いのですが、

その数字に根拠がない場合が多いです。

 

ここでいう根拠とは、

実績や経験に基づいた裏付けのある予測

を指します。

 

例えば、

ご自身が小売店で店長をやっていて

「折り込みチラシを1万部撒いたら

これくらいの反応はあるだろう・・・」

 

これは実体験に基づいた根拠のある予測です。

 

しかし、

折り込みチラシを撒いたこともないのに

「1万部撒いたら100名くらい来るだろう」

と予想するのは何の根拠もない空想です。

 

1万部で100名だと

反応率1%なので、まーまー良い方です。

 

ハッキリ言って販促の初心者が

いきなり出せる数字ではありません。

 

それなのに

「◯◯部ぐらいチラシを撒いたら

◯◯名くらい新規客が来るだろう」

と何の根拠もなく予想し、

いきなり大金をかけて販促をするのは

ギャンブルと一緒ですよね?

 

もはやドブにお金を投げ込む行為です。

 

ですから、

売上げや収支の計画を立てる際には

「ナゼそう言えるのか?」を裏付ける根拠

まで考えるようにしてください。

 

その根拠も単なる自分の想像ではなく

これまでの実体験に基づいていることが肝心です。

 

最低でも、

近しい体験をした第3者のアドバイス

ぐらいはあると良いですね。

 

 

[3] アテは1年で無くなる

開業相談に来られる方の中には

「今の会社のお客様を連れてこれます」

とか

「独立したら仕事をくれると言ってる取引先があります」

と仰る方がいます。

 

これは良いことです。

何も問題はありません。

 

ただ注意して欲しいのが

★もしアテがダメになったどうするのか?

★アテは1年内に消える

という点です。

 

これまで開業前の口約束をアテに

独立した経営者さまを沢山見てきました。

 

けれどその多くが、

★いざ独立したらお客さんになって貰えなかった

★事情があってスグ関係が途切れた

という状況になったのです。

 

ですから、

アテがあるのは良いことですが

それに依存しすぎではいけません。

 

そして、

新しいのお客さんをどうやって連れてくるのか?

その為の計画と準備を怠らないことが肝心です。

 

 

[4] 開業準備に関するまとめ

(1)1番大切な準備は売上げ計画

(2)売上げ計画には裏付けある根拠が必要

(3)アテは外れるから依存するな

 

 

[5] 相談者の喜びの声

「目から鱗の販促法ばかりでした」

有限会社米山商会

代表取締役/矢野敦さま

スクリーンショット 2017-09-20 15.58.42

現在、児童を対象とした

英会話塾の開業を計画しており

「どうように新規客を集めたら良いか?」

など販促面について悩んでいたところ

以前に参加した渡辺先生のセミナーを思い出し

個別面談を受けようと決めました。

 

実際に話しを聞いてみて、

関心レベルの低い人間へのアプローチ

関心レベルの高い人間へのアプローチなど

★対象に合わせた販促をしないと効果が無い

★通り一辺倒の広告では集客できない

など目から鱗の発見ばかりでした。

 

一番参考になったのは

即効性のある販促、持続性のある販促など

販促方法の特性を学べたことです。

 

そして本日教えていただいた

「これは調べておいた方が良い」という点を

関係省庁に問い合わせておくなども

明日から行動に移したいと思います。

 

渡辺先生は頼りになりますし

アドバイスも的確なので

これからも末長いお付き合いを

お願いしたいと思っています。

 

もし!

渡辺先生に相談しようか迷っているなら

とにかく行動です!

とにかく行動あるのみ。

そうすれば意外と何とかなります。

(矢野淳さまより)

 

 

開業に関する相談を

まもなく終了します・・・

 

現在、

開業を考えておられる未来の経営者さまから

本当に沢山の相談を頂いています。

 

しかし、

相談件数が増えすぎて

お断りすることが増えてきたのが現状です。

 

ですので

「本気で開業したいんだ」

「でも独りではどうしたらいいか不安で・・・」

そういった真剣な方からの

ご相談をお断りしない為にも

初回相談も有料化する事にしました。

 

ですから

これが最後のチャンスかもしれません。

 

★開業を考えている

★でもどうしたら良いか分からない

★周りに相談できる人がいない

という方はこの機会を逃さないで下さい。

 

こういった事を相談するのは

恥ずかしかったり、勇気がいる事ですが

ちょっとした勇気でその後の未来が

まったく別のモノになります。

 

毎月の売上げに不安を抱える生活か・・・

 

ドンドン売上げを伸ばして

自分の思い描く理想の開業にするのか・・・

 

それはちょっとした勇気次第なのです。

 

 

最後の無料開業相談は下記から

クリック

 

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺 裕貴

Leave a comment

Your email address will not be published.

*