ダメ経営者の人生を変えるトイレの使い方

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺 裕貴(ワタナベヒロタカ)

DSC_1162mini


 

こんにちは。

レイズワン の渡辺です。

 

お盆休みシーズンに入りましたね。

皆さんは何して過ごされていますか?

 

私はというと事務所に缶詰で1日仕事です(笑)

明日は迎え盆をしますけどね^^

 

さて、今日のテーマは

「勉強嫌いはトイレで克服する」

です。

 

経営者さんの中にも

「勉強は嫌い」

「本を読んでるだけで眠くなる」

って方は多いと思います。

 

実際、

私のクライアントさんの中にもいます。

 

本が嫌いでも

セミナー、音声、DVDなどで学んでればいいのですが

全くもってインプットしてない、、、

これは問題です。

 

インプットがない人は成長がありません。

成長が無ければ業績も上がりません。

仮に今が横ばいでも、

業績が下がり出した時に対応出来なくなります。

 

日本中のお客さんもライバルも常に変化しています。

同じままの人は居ません。

数ヶ月くらいでは気づかなくても

1年、3年、5年スパンで見れば確実に変わっています。

 

周りが変化してるのに

自分だけそのままだと間違いなく置いて行かれます。

お客さんに見向きもされなくなるし、

ライバルに根こそぎ奪われます。

 

だから自分も進化しなくてはいけません。

 

「でも勉強キライなんだって・・・」

という方もいると思いますので

僕が実際にやってる方法を1つ紹介します。

 

う●こタイム学習法

いきなりですが、

言葉の通りです(笑)

 

本当はオブラートに包んで

” トイレタイム ” にしようかと思いましたが

ココは心の声に従いました(笑)

 

[詳細]

統計的に見ると、

人は1日5分以上トイレに居ます。

 

1日5分ですから

掛ける365日すると、、、

なんと1,850分!!

 

この時間を使わない手はないです。

ここで嫌いな本を読みましょう。

 

トイレで勉強するには

大きな理由があります。

 

それは、

 ” 誰でも絶対にトイレにいき、

用をたすまで逃れられない “

ことです。

 

つまり、

どんなに勉強ギライな人でも

トイレを勉強スペースにしてしまえば

絶対に入らざるえないってことです。

 

僕の場合は

・嫌いな分野の勉強

・なかなか手が伸びない分野の勉強

をトイレでするようにしてます。

 

1度入ったら最低2ページは読む。

 

ビジネス書は平均的に200〜300ページ未満ですから

1日2ページずつ読んでいけば

125日くらいで1冊が読み終わります。

 

「4ヶ月で1冊は少なくない!?」

と思うかもしれませんが、

” 苦手な分野の本を1年間で3冊も読める “

って考えたらスゴくないですか?

 

しかも、

その頃には苦手じゃなくなってると思います。

 

大切なのは

チリツモ(塵も積もれば山となる)です。

 

「1日5分?」

「2ページ?笑」とバカにするのか?

ちょっとずつでも努力するのか?

 

その差で

1年後、3年後、5年後、10年後の未来が変わります。

 

1年では1,850分ですが

3年だと5,550分になり

5年だと9,250分になり

10年だと18,500分です。

 

これだけの膨大な時間を文字通り垂れ流しするのか(笑)

プラスアルファの有効な時間とするかは皆さん次第です。

 

もちろんこれはトイレの時間に限ったことではないですが

「勉強ギライで本から逃げたくなる」

という方はぜひ挑戦してみてください。

 

絶対に皆さんの未来が変わると思います。

 

 

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺 裕貴

 

 

チラシからホームページまで

反応率を10倍にして地域1番の繁盛店をつくる方法

http://raise-one.net/seminar-lp/

 

Leave a comment

Your email address will not be published.

*