講演の様子を紹介します -大阪編-

お久しぶりです。

レイズワンの渡辺です。

 

前回の更新から随分と時間は経ちましたが、

あいもかわらず世の中の問題はと言えば

コロナ、コロナ、コロナです。

 

オリンピックまであと僅かとなりましたが、

本当に開催されるのでしょうか (^-^)??

 

さて、

久しぶりの更新になる今回は

私の講演の様子を紹介したいと思います。

 

今回紹介するのは、

今年の講演で特に印象に残っている大阪講演です。

 

全国各地から整体院を営んでいる経営者様が

参加して下さったのですが、

僕自身もあまり体験した事のない異様な熱気に驚いたのを

今でも鮮明に覚えています。

 

というのも下の写真をご覧ください。

分かります?

全員ハチマキを着用してるんです。

 

まるで東大合格を目指す受験生のような迫力でしたね。

 

この時のテーマは、

” チラシ、ホームページの反応率を劇的に高めて

新規来店、注文、問い合わせを増やす “

という内容でした。

 

その道のトッププロであっても

販促や広告についてはよく分からない

という経営者さまは多いです。

 

『そもそもホームページってどんな情報を載せたらいいの?』

 

『チラシって何書いたら良いか分からない』

 

だからパッと思いついた最低限の情報だけを載せたり、

酷い場合はほとんど業者さんに丸投げしちゃったり・・・

 

ホームページやチラシの業者さんは、

プログラムのプロ、デザインのプロであって

集客のプロではありません。

 

依頼主の経営者さまの考えや言葉を汲み取って

ホームページやチラシを仕上げてくれますが、

当の経営者さまが【何を載せたらいいかを分からない】

という状態では集客効果の高い販促物は出来ません。

 

広告物(ホームページやチラシなど)は、

▼どんな情報を載せて(パーツ)

▼どの順番で配置して(構成)

▼どういう表現(文章・デザイン)をすれば

“反応が増えて注文や来店に繋がるのか?”

という正しいやり方があります。

 

それを知らずして自分の頭の中の思いつきや

業者さんへの丸投げで販促物を完成させてしまうと

 

『ホームページ作ってみたけど効果が出てるのか分からない・・・』

『チラシを撒いたけどあまり来店が増えなかった』

なんて残念な結果になってしまいます。

 

もしこの記事を読んで

「やばい、ウチもかも・・・」と思ったならば、

今一度、自社の販促物を見直す機会かもしれませんね。

 

そしていつか僕の講演でお会いできたなら幸いです。

レイズワン 渡辺裕貴(ワタナベヒロタカ)

 

▼ホテルフクラシア大阪ベイ

 

▼講演中の様子

Leave a comment

Your email address will not be published.


*