チャンスを掴む人の「捉え力」アフリカとサンダルの話。

FROM

起業家・中小企業支援マーケター 渡辺裕貴

 

レイズワンの渡辺です。

 

突然ですが、

起業家や経営者には物事を

「都合のいいように捉える」

力が必要だと思っています。

 

 

例えば仕事の中で、

ちょっとトラブルや困難にぶつかっただけで

「あー、もう」

と挫けてしまったり

 

打ち合わせや会議の中で

ちょっと困難が想定されただけで

「これじゃ難しそうですね〜」

と諦めてしまったり

 

こういう人、周りにいませんか?

もしくは自分だったりしませんか?

 

起業家、経営者である以上

舵取りは常に自分自身がおこなわなければなりません。

 

トラブルや困難に遭遇した際にも

その事象をどう捉え、どのような行動に移すかは

トップの器量を問われる重要なポイントでもあるのです。

 

よくビジネスの世界で使われるたとえ話があります。

 

その昔、サンダルを売る2人の営業マンが、

市場拡大の命を受けてアフリカの地に降り立ちました。

 

すると、そこで2人の営業マンが目にした光景は

「アフリカでは誰も履物を履いていない」

という現実でした。

 

そこで、1人の営業マンは

「アフリカでは誰も履物を履いていないので売れません」

と会社に報告をしました。

 

しかし、もう1人の営業マンは

「アフリカではまだ誰も履物を履いていないので

市場を拡大するビックチャンスです!」

と報告したのです。

 

その後、

後者の営業マンは見事アフリカでのシェアを確保しました。

 

と、このように「同じ事象・事実」でも

捉え方ひとつで結果は大きく変わってきます。

 

もし今後、

マイナスに考えられる事象、事実に遭遇した際にも

一度立ち止まってみて

「いや、これは別の捉え方が出来るんじゃないか?」

と考え直してみください。

 

きっと新しい切り口、活路が見えてくるかもしれませんよ?

それでは本日はこの辺で。

渡辺

 

 

「ココでは書けない戦略、戦術が満載」

起業家・経営者のお役立ちメルマガ(無料/定期発行)

https://beast-ex.jp/fx4678/raise1

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*