スカイプコンサル 〜手相占い師さまの場合〜

FROM 起業家・中小起業支援マーケター

渡辺裕貴

 

先日は、

茨城県つくば市を中心に活動されている

手相占いの起業家さまのスカイプコンサルを行いました。

 

今回の内容は

(1)現状抱えている悩みについて

(2)今後の方向性(全体像)

(3)他者にない商品作り

(4)自分のビジネスモデルに適した集客法

についてコンサルさせてもらいました。

 

今回の起業家さまは

ご自身も仰っていたように「まだまだ発展途中」

伸び白がたっぷりある、これからが楽しみな起業家さまでした。

 

と当時にこれから確立していかないといけない

ビジネスのカタチに迷われているようでした。

 

私は女性の起業家・経営者さまのコンサルも

させて頂くことが多いのですが、

女性の起業家・経営者さまの多くがよくハマるパターンがあります。

 

それがテクニック追求です。

言葉だけ聞くと良いことのように聞こえますが

テクニック追求には弊害もあります。

 

そもそもテクニック追求とは何か?

 

例えばあなたがブログ運営をしているとして

” 他人のブログを1000個フォローしなさい “

(フォロー返しで自分の読者も増える&権威性が働く)

とか

 

” フェイスブックで友達5000人 “

(タイムラインで告知できる人が増えるetc…)

など

 

こういう「今から出来る行為そのもの」

をテクニックと言います。

 

よくSNSを使った集客セミナーなどに通うと

こういう行為を教えてくれます。

 

ハッキリ言うとこの世界ではこういう行為を

「小手先」

と言います。

 

集客という一本の木があるとして

木の幹が戦略(方向性)です。

枝が戦術(方法・手段)です。

 

そして葉っぱがテクニック(小手先)です。

 

起業スタートしたばかりの時は、

集客といっても

「何をしたらいいか分からない」から

こうした ” 今日から出来る ” 小手先のテクニックに飛びつきがちです。

 

しかし、

集客というのは顧客心理を初めとした木の幹

つまり戦略から学んでいかないと意味をなしません。

 

なぜそれをするのか?

どういう効果があるのか?

どんなデメリットもあるのか?

そういった根幹から考えていかないと効果も出ないのです。

 

例えばブログで知らない人のブログを1000個フォローしたとします。

その人は本当に自分の顧客になり得るのか?

答えはノーです。

 

相手もブログを持っているという事は

恐らく相手も売り手なのです。

きっとこちらのお客様にはなりません。

 

また、

「ブログに読者がついてれば実績になる」

という考えもあるかもしれませんが

まったくの一般ユーザーから見て

 

たまたまたどり着ついたブログに

無差別で異なるジャンルのブログ

(しかも商売系の)

からの読者登録がされまくっていたら正直奇妙です。

 

だった最初からブログでユーザーに喜ばれる情報を発信して純粋なお客様を増やした方がいいです。

(今ベースになっているコンテンツマーケ然り)

 

というように集客の仕組みの全体像や

基礎、基本を学ばずして楽して小手先のテクニックに頼っても

決して利益にはつながりません。

 

仮に一時的に稼げても長期的には無理です。

 

ブログでフォロー1000件も、実際やってる人で

利益を上げてる人を間近で見たことがありません。

(それを教えてる人も結果が出てるように見せてるだけ)

 

もし仮にその人が利益を出せているとしても

それは要因の1パーセント未満だと思います。

稼げている人が、たまたま

” ブログ1000件〜 ” の手法を取っていただけに過ぎないのです。

 

「じゃあ一体どうしたらいいいんだ?」

と思いますよね。

 

正直、集客セミナーをやってる多くの講師や

コンサルがこういう小手先のテクニックばかり教える人が多いので(食いつきもいいから)しょうがない部分もあると思います。

 

しかし、徐々に自分で学ぶ質、選ぶ眼も高めていき

小手先のテクニックだけではなく

経営、集客の基礎、基本も学んでいきましょう。

 

遠回りに感じるかもしれませんが

中〜長期的に見たらその方が近道です。

 

小手先、小手先と言いましたが

基礎、基本がなっている人が使えば

それも結果の出せるテクニックになるのです。

 

 

《無料》起業家・経営者のお役立ちメルマガ

https://beast-ex.jp/fx4678/raise1

定期発行

 

 

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*