スーツ2着目1円の嘘と罠

更新:2020.4.23

小さな会社・中小企業支援マーケター

渡辺 裕貴


 

本日はスーツ量販店をテーマに

キャッチコピー(掴み)

セールストーク(売り文句)

セールスレター(売る文章)

に使える表現のお話をします。

 

洋服の○山など

スーツ販売の量販店に行くと

「スーツ2着目1円」

などの表記(表現)を目にします。

 

これはとても上手なセールスだと思います。

 

例えばこれが

1着で19,800円のスーツだとして

2着目が1円なら2着で¥19,801円

ということになります。

 

従来のセールス文句なら

1着 19,800円のスーツが

2着セットで19,800円、

「なんと半額!!」

というような表現を使っていたでしょう。

 

もちろんこれも有効な手段です。

しかし、後者のセールの仕方だと

「安売り」

「投げ売り」

「どうせ1着1万円の安物スーツなんでしょ?」

というイメージを与えてしまいます。

 

セールで一時的に売り上げを伸ばせても

中〜長期的に見れば

「品質の低い安物スーツのメーカー」

「いつもセールをしている」

のようなイメージがついてしまいます。

 

ですが、

1着2万円のスーツが

2着目は1円であれば、

「2万円のスーツが1着ついてくる」

「どっちも2万円のそれなりのスーツ」

というようなイメージが湧くでしょう。

 

割引額も結果も一緒でも

「安売り」

「投げ売り」

「低品質」

のようなイメージがつきにくく

ブランド価値を守れるのです。

 

また

「2着目1円」

という表現も

「スーツが1円で買える」

というインパクトが強く、

顧客のイメージに残りやすいです。

 

今は昔に比べてお客様も

日々、あらゆるセールス文句にさらされており、

ちょっとやそっとじゃ心が動くことはありませんし、

お財布の紐も緩みません。

 

ですから

「○○円値引き!!」

「○○%オフ!!」

という表現も効果はありますが、

昔ほどの効果は無くなってきています。

 

そんな中で

「2着目1円」は

スーツ業界ではもはやスタンダードな表現かもしれませんが、

他業種では充分参考になるセールスの表現だと思います。

 

セールストーク、セールスレターのコツは

「お客様の心のバランスを崩すこと」です。

ぜひ、自社のセールスに応用してみてください。

 

 

無料の動画プレゼントです!

ダウンロードはこちら

 

Leave a comment

Your email address will not be published.


*