小さなヒットを連発する商品開発界のイチローになる方法

FROM 起業家・中小企業マーケター 渡辺裕貴

 

 

今日はちょっと悲しくも現実的なお話です。

 

事業・ビジネスをやっている以上

皆、自分なりの商品・サービス・コンテンツを持っています。

もちろんこのブログをご覧になってるアナタもそうだと思います。

 

さて

今日のテーマは「その商品であと何年食べていけるのか?」

ということです。

 

 

商品・サービスには

” ライフサイクル “

という概念があります。

 

簡単に言えば ” 商品の寿命 “ です。

一昔前、

ひとつの商品・サービスの平均寿命は30年と言われていました。

 

ということは、

ひとつヒットアイテムを持てれば

それだけで自分の代は利益を上げられたということです。

 

しかし、

今の日本でのライフサイクルは5年と言われています。

 

それだけ商品やサービスが多く

競合が溢れていて

お客様の飽きるスピードも早いということです。

 

つまり

アナタが持っている商品も

5年内には利益を出せなくなっている可能性があるのです。

 

「そんな馬鹿な」

「私(僕)の商品はいつまでも売れるさ」

と思っているかもしれません。

 

けれど

現在、斜陽産業と呼ばれ、

廃業に追い込まれていってる事業主・会社の経営者方も

少し前までは同じことを思っていたのです。

 

ここで大切なのは

本当に自分の商品寿命があと5年なのかどうかではありません。

 

もし5年後、

今の主力商品が全く売れなくなったとしても

代わりになる第二、第三の矢、

つまり次の主力商品が用意できてるのか?

ということなんです。

 

” 商品開発 ”

と言うと仰々しく聞こえ、難しく感じるかもしれません。

 

けれどそんなことはありません。

毎回、毎回ホームランを打とうすればモチロンそれは難しいです。

 

けれど、どのみち商品寿命は5年なのですから

シングルヒット、2塁打でいいのです。

 

ですからこれからもずっと自分のビジネスを続けていくには

コツコツと小さなヒット商品を作っていける ” 商品開発力 “が求められるのです。

 

『小さなヒット商品をコツコツと生み出す

商品開発界のイチローになる方法とは?』

↓↓↓

こちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*